二十歳の頃

新橋店・ヒラサワです。

今日は成人の日ですね。

二十歳の頃、南米を旅しました。
ペルーとボリビアをまわり、すっかりハマってしまい、
その2年後にまた、ペルー、チリ、アルゼンチンへ行きました。
今考えると、ハードな旅でした。
若いうちにしか出来ない旅です。

南米への旅情を誘う映画を紹介します。


『ラテンアメリカ 光と影の詩』(1992年 アルゼンチン・フランス合作)
南アメリカ大陸最南端の町・ウスワイアから、実父に会うために
自転車で大陸縦断をする青年の話。


『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2004年 イギリス・アメリカ合作)
革命家チェ・ゲバラの若き日の南米旅行記。

どちらも、南米の広大な風景が味わえるロードムービーです。
また、南米社会の影の部分も知ることができる作品になってます。

 ヒラサワ(新橋店・DTPスタッフ)

※明日(1/12)アクセア本町店オープン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です